この制度は

高齢者の自立促進、介助に適した住環境づくりを支援するために、既存住宅を改造する場合に、その工事費用の一部を助成するものです。
対象となる場所は、浴室、洗面所、トイレ、廊下、階段、専用居室、玄関、台所、アプローチです。
なお、助成対象工事は、市内事業者が請け負った工事に限ります

です。(流山市ホームページより)

リフォームにかかった費用の2分の1、最大で30万円の助成金が支払われます。

 

利用できる人

次の条件を満たす方です。

  1. 対象高齢者が、日常生活を営む上で移動・歩行に支障があり、介助を要するおおむね65歳以上の方で、介護保険法の要介護(要支援)認定を受けている方
  2. 対象高齢者と同居する者に、市税滞納者がいないこと
  3. 対象高齢者と同居する者の中で最も所得が多い者の前年所得税額が、30万円未満であること

(流山市のホームページより)

手続

この助成金の利用するには申請書類のの提出などの手続きが必要です。

 

詳しくは流山市のホームページにてご確認ください。

流山市の住宅改造費助成制度

 

リフォーム、助成金に関するご相談はお気軽にお問い合わせください。